オブジェクトの説明を取得する

使い方

rforcecom.getObjectDescription(session, objectName)

引数

session
セッションデータ。事前に rforcecom.login() で取得します。
objectName
オブジェクト名。 (例: “Account”, “Contact”, “CustomObject__c”)

戻り値

オブジェクトの説明。

objectName <- "Account"
rforcecom.getObjectDescription(session, objectName)